借金が払えないなら専門家に依頼しよう

弁護士・司法書士に破産を依頼した場合にかかる費用の目安


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産にもお金がかかりますが、大体の個人の人の場合、その費用の大半は専門家への手続報酬となります。

弁護士さんの場合は、約20万~50万円(実費含む)くらいとなり、さらにプラス数十万円となるケースもあります。
弁護士さんは管財事件を扱うケースも多く、その場合は実費も数十万円、報酬もプラス10万円~とケースバイケースで高くなります。

司法書士さんの場合は比較的弁護士さんより複雑でない案件を扱うことが多く、なおかつ全てを代理できる立場でないこともあることからかなり費用は安くなっています。

10万~30万円ほどになることが多くなります。

ただ最近は弁護士事務所にも非常に低廉な価格で請け負うところが出てきており、ネットで検索するときは見たところの事務所によっては、あまり弁護士と司法書士の価格差がはっきりしないと感じることもあります。

これもどうなるか分かりませんが、値段表示の一つの傾向として弁護士と司法書士の違いがあります。

弁護士は着手金という名目と成功報酬という名目を使うことが目立ちますが、司法書士はただ単に自己破産の手続き代理報酬は~円ですよ、という表現の仕方が目立ちます。

ただこれは名目、明細の話なので、実質はどっちでも大差はありません。

弁護士事務所でも着手金(前払いの費用)で15万円。成功報酬は0円(非管財事件)。ある司法書士事務所は、自己破産報酬15万円。といった表現であると、どっちでも同じということです。

結局いくらかかるのか?

これを理解できていない人、勘違いしている人がちらほらおられ、後に費用の支払いトラブルとなることがあります。

はっきりした財産がなくてシンプルな自己破産であるなら、実費が約2万円。あとは報酬ということが多いです。
その結果、上記の10~50万円といった支払い総費用になります。

これが、不動産があるなどといったケースによって適応される管財事件になった→プラス報酬10万円~と裁判所への実費20万円~

過払い金があることが分かり、裁判をした、100万円取り戻せた→プラス報酬20万円~

といった感じで、何か基本セットに付属業務が発生した、という場合は当然追加の費用がかかると考えて下さい。

こういった追加の業務は依頼者本人はリアルタイムに感じにくく実感がないでしょうが、これは弁護士・司法書士等の専門家が動いた結果なので当然の支払い義務となります。

どうにもどれくらい支払うか不安な人は、事前によく担当者に聞いておくこと。

基本最小限はこれだけ、こうなった場合はこれくらい。そういった聞き方で目安を把握しておきましょう。曖昧にしておくと、「あと30万円必要です」と言われると、その金額の大きさから一気に不安と疑心が生まれてしまいます。

借金というお金のトラブルを綺麗にするための依頼なのですから、しっかりと聞いておきましょう。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ