借金が払えないなら専門家に依頼しよう

弁護士・司法書士に債務整理手続きを依頼した直後の依頼者のとるべき対応


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産などの借金を減らす手続きを弁護士・司法書士に依頼した場合、弁護士等は受任通知というものを郵送で債権者に送ります。

これが債権者に届くと、債権者はこれまでやっていた取り立て行為や催促を依頼者に行えなくなります。

これが弁護士・司法書士に債務整理手続きを依頼するメリットでもあるのですが、郵送という性格上どうしても1~3日ほどのライムラグがあります。

そのため、弁護士・司法書士等の事務所で相談し手続きを依頼した日から数日間は、債権者がその事実を知らない時間ができます。
この間に、その事実を知らないがゆえに依頼者に以前のように取り立てや催促行為が行われることがあります。

この場合、自分で判断して勝手な行動をしないこと。もう既に弁護士・司法書士に依頼しているのだから、取り立て・催促は行えない状況です。ただ相手方が知らないだけです。

ここで言われるがままに返済に応じるなど行うと、後々の手続きに影響が出てきます。一度弁護士・司法書士に債務整理手続きを依頼したら、その瞬間から弁護士等の専門家を通さず、または意見を聞かずに行動することは控えましょう。

取り立て行為が厳しかったりなど特に早急に債権者に、債務整理手続きを依頼していることを知らせる必要がある場合は、専門家は電話やFAXでその旨を先行して伝え、後に郵送することで依頼者の負担を緩和することもしてくれます。

電話等で債権者から催促などがあった場合は「○○事務所の△△弁護士(司法書士)に債務整理の手続きを依頼しましたのでよろしくお願いいたします。」と説明しておきましょう。

くれぐれも焦って行動しないこと。数ヶ月以上はかかる債務整理手続きなので、この1日で焦っても何も好転しないことを理解しておきましょう。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ