借金が払えないなら専門家に依頼しよう

これをやると弁護士・司法書士に債務整理を辞任される


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

借金を減らす手続きを専門家の弁護士・司法書士に依頼する人は年々増えています。しかし、その中で依頼者に落ち度、問題があるケースが散見されています。

ひどい状態になると、弁護士・司法書士は「もうあなたの債務整理手続きは続行できません。辞任します」ということになり、借金生活から抜け出せないどころか着手金や諸費用が無駄になってしまうことになります。

その愛想を尽かされるケースとしては以下のようなものがあります。

書類を用意しない

債務整理手続き全般に言えることですが、依頼者はいくつもの書類を用意して弁護士・司法書士に渡さないといけません。

通帳やクレジットカードなどはコピーを取らないといけませんし、保険の解約返戻金があるようならその書類、何か目立った財産があるならそれを表す書類、収入を証明する書類などなど。
さらに裁判所に対しての事情説明の陳述書は本人に書いてもらいそれを提出してもらいます。

このような多数の書類を全て付きあわせて弁護士・司法書士は依頼者の債務整理を進めます。つまりこれらが揃わないと前に進みません。そして期限があるものがあります。

なので、いつまでにこれを用意して持ってきて下さい、又は郵送して下さいという説明を受けたのに、面倒くさいといった理由で放置したり、何度も催促を受けたのに言うとおりにしなかった、こういったことを繰り返すと弁護士・司法書士はあなたの依頼を断ることになります。

当然です。それでは仕事のしようがないのですから。

嘘をつく

書類がないと仕事にならないと書きましたが、弁護士・司法書士が依頼者から聴きとってそれを書面とする、もしくは手続きの方針が決まるところもあります。

なので嘘はダメです。嘘もいろいろ理由があり悪気がなく良心から出た嘘も債務整理ではよくある話です。ただ、いくら良心から出た嘘でも、重ねればただのたちの悪い嘘でしかありません。

一つの嘘は債務整理手続きを大きく狂わし、時間をかける要因となり、最悪の場合、もうその債務整理手続きの効果を得られなくなるかもしれません。

そのときは良かれと思った、都合が悪いと思った、理由はいろいろでしょうが、どちらにしても嘘をついて債務整理で特をすることはないでしょう。その一つの嘘は、依頼先の弁護士・司法書士だけでなく、お金を貸してくれている債権者、裁判所をも騙すことになりますよ。

分割払いの不払い

借金をして困って依頼したのでありがちなのですが、着手金など事前に支払うべき性格の費用を分割払いにしてもらっている場合、それを払えなくなったら弁護士・司法書士に辞任される可能性はあります。

そもそも事前に支払う性格のお金はあまり分割払いに適したものではありません。ただ債務者の事情を鑑みて分割払いを認めてくれている事務所はあります。そこはかなり譲歩されていると考えて下さい。

しかしそれも払えない、となると、いよいよ手続きを前に進めづらくなります。法律家だから手助けしろ!無料にしろ!という意見もあるようですが、彼ら専門家もそれでご飯を食べているので何ともしがたいです。

どうにも収入が少なくて正規料金を払えない場合は、国の法律扶助制度・法テラスを利用することでこのようなケースは防げます。

しかし、分割払いで対応できそうなケースの場合、収入や支出を考えると決して無理な状況ではないはずです。でなければ分割払い自体も受理しないでしょう。

ここで問題なのは、分割払いの支払い遅れもそうですが、弁護士・司法書士への支払いを後回しにして違うところにお金を使ってしまい、結局弁護士・司法書士への支払いができなくなる人がいます。
債務整理を依頼して安心しきってしまい、気が大きくなってしまう人に見受けられます。債権者と違い、弁護士・司法書士は甘い存在と見ているのでしょうか。

仕事が急に減った、クビになったとかならまだしも、特に事情も何も変わっていないのに払えません、となると信用関係がなくなってしまいますね。依頼した後も、定期的に積み立てるなどして貯金することが必要です。弁護士・司法書士に依頼することで、いったん借金の返済がストップするのですから金銭面で余裕が出るのは確実なのですから。

依頼後に勝手に借金をした

問題外です。これは辞任されるレベルを通り越して、債務整理自体ができなくなるかもしれません。

借王癖が悪い人は、理由はどうであれ取り立てがなくなると借金がもうない、また借りていいという変な気分になるようです。借金を減らすために一切合切を任せます、と弁護士・司法書士に依頼しているのに、知らないところで勝手に借金を増やされてはどうしようもありません。

逆の立場になっても分からないでしょうか?それをやる相手の言うことが信用できるはずがないとうことが。

債務整理手続きは数多くの人を巻き込んで行われます。事情はいろいろあれど、基本、迷惑をかける内容があります。債務整理依頼後に借金を勝手にすることは重大な裏切り行為です。一発で弁護士・司法書士に辞任されることもあるので安易なことはやめるようにしましょう。

正直、誠実に

以上が弁護士・司法書士に債務整理手続きを辞任される代表的なケースです。

基本、通常の仕事の取引や友達同士の約束といったレベルではないでしょうか?特に難しいことではないですよね?でも、借金に慣れてしまった人はこれをやりがちです。

この感覚が抜けていないと、債務整理もまた弁護士・司法書士事務所を訪れることになるかもしれません。借金を減らすのと同時に、自分の性格やこれまでの考え、周りとの付き合いも見直す機会としませんか?


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ