借金が払えないなら専門家に依頼しよう

債務整理を開始したら一部の人に勝手に判断して返済してはダメ


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産などの債務整理手続きを弁護士・司法書士に依頼した場合、注意事項として言われることが、勝手に返済をしてはいけないということです。

債務整理を開始ししたものの、手元には数十万円あるし、お世話になっているあの人だけは返しておこう…

そう考えること自体が悪いことではないのですが、それをやってしまうと債務整理の手続が失敗することもあります。

一度債務整理手続きを始めると、弁護士・司法書士等の専門家により債権者との交渉や連絡が始まりますが、その中で、一部の債権者だけ返済してもらって、他は自己破産でチャラ、もしくは大幅減額となるとどうでしょうか?

仮にあなたが債権者だとすると不公平じゃないか!!と感じることと思います。

裁判所を通したり、弁護士・司法書士等の法律家を通した手続きだからこそ、債権者は取り立てを中止したり、借金を減らすことに同意しようという体勢に入ってくれています。
でも一部の人にだけ返済したりすると、債権者に順位をつけて差別したようなものです。これだと、債務整理により生活を再建したいとう意思が疑われることにもなります。その他の債権者には返さなくてもいい、少しだけ返しておけばいい、なんて受け止められ方をするかもしれません。

そしてこういった行為は、自己破産であるなら免責不許可事由という、借金を返す義務を無くしてくれる効果が認められないケースに該当する可能性があります。

債権者は複数いても平等に考え、どこが優先などと自分で勝手に判断しないこと。基本的に弁護士・司法書士に依頼した以上、この返済に関しては必ず専門家の指示を受けるか、相談のうえ行う必要があります。

よかれと思ってやったことがとんでもないことに発展するかもしれません。良心で返済しただけ、その言い訳は通じないので注意しておきましょう。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ