借金が払えないなら専門家に依頼しよう

手続報酬代金のことで揉めないようにするために


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

弁護士・司法書士に借金を減らす手続きを依頼した場合に起こるトラブルとして典型的なのが、お互いの理解不足によるトラブルです。

いわゆる、言った、言わないの押し問答です。特に揉めるのが報酬代金のこと。あらかじめ弁護士・司法書士からこれくらいかかるますよ、という説明がありますが、このときに両者の認識にズレがあることが多いです。
特に手続きが当初の予想通りにスムーズにいかなかった場合、追加料金が発生することがあります。この有無についての説明があったり、なかったり。または、依頼者が説明を受けてもちゃんと聞いていなかったということもあります。

この点で一度もめると、お金が関わるために収集がつきにくくなります。借金というお金の嫌な問題を解決するために依頼したのに、それが故に新たなお金のトラブルが出てくるという笑えない話しになります。

このトラブル、揉め事を防ぐには、ちゃんとした弁護士・司法書士事務所を選ぶことは当然なのですが、依頼者側にも努力するべきことがあります。

こう言ってしまっては何なのですが、原因によるものの、借金を重ねてしまう人の中には、良くも悪くも「いい加減」な性格の人がいるのは事実です。
ですから、半ば騙されたかのごとくに借金を負うような人もいます。そのきっかけのときにきっちりとしておけば借金なんて負わなくて済んだ、もしくはもっと金額が少なくて済んだかもしれない人がいます。
人が良すぎていい加減という人も結構います。問題の程度を軽く見すぎているような人です。

借金を減らすために専門家に依頼した、だから後は知らない、と丸投げの人がいます。こんな人は後で上記の報酬関係のトラブルに巻き込まれるかもしれません。
確かに専門家に依頼すれば自分の手間はむちゃくちゃ省けて楽になります。しかし、それだけ複雑な手続きを任せるわけですから、何がどう変化してややこしくなるか分かりません。

でも一番最初にきっちりと話を聞き、疑問点を洗い出しておけば、依頼中に事態が急変して伝えられる内容が変わったとしても、特に驚くことなく話を聞け納得できるはずです。
お金のトラブルを綺麗サッパリさせるために弁護士・司法書士に頼むのですから、ハイ任せた!だけではなく、一緒に戦うパートナーぐらいのつもりで打ち合わせしておく必要があります。

もちろん難しいことは全部お任せになるので、依頼後に依頼者が頭をヒネることはありません。

でも支払う報酬のことに関しては理解しておいて下さい。というのも、過払いにしろ、破産にしろ、個人再生にしろ、依頼から数ヶ月、半年以上かかって依頼した仕事が終わります。
その時に着手金以外の報酬代金を支払いますが、最初にいくら払うか?どんなときに余分な費用がかかるか?これをよく理解していないと、数ヶ月後ではそんなこと聞いていないとなるのです。

もちろん弁護士・司法書士事務所側に問題があるケースも多いです。説明がいい加減で足りなかったというケースです。

でもこれも依頼者側からのアクションで予防できることです。よく話を聞き、できれば書面で支払いルールを明確にしてもらいましょう。
弁護士・司法書士は債務整理のプロではあるものの、商売のプロではないのでこういったお粗末な報酬トラブルを抱えがちです。

お金で悩むことから解放されたいなら、依頼の時くらいきっちりやりましょう。そうしないと、またくだらないことで頭を悩ませることになります。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ