借金が払えないなら専門家に依頼しよう

借金で借りたお金を何に使ったのか?正直に言う、思い出すこと


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

借金をしてそれを返すために借金をしました。

よく聞く話で普通のように感じる人もいるでしょう。返済期限が迫ってきているのに手元にお金がなければ用意しないといけない。でも無理。だからまた借金…

仕方がないね。と言ってしまえばそうなのですが、弁護士・司法書士に借金を減らす債務整理手続きを依頼するなら、この言い訳だけではどうにもなりません。

絶対に、何に使ったのか?という説明が細かく必要です。

いやだから、借金を返すために使ったんだよ!!となりそうですが、専門家に依頼する直前ならまだしも、これまでの何回にも渡る借金の全てがその理由でしょうか?

おそらく違いますよね?

仮によくある10~30万円くらいのサラ金からの借金の場合、月額の返済額は月に1~2万円代のはずです。それが3社に渡って借金してもそれが3倍になるだけです。
一括で全額返済をしなければならないのなら分かりますが、普通は期限に迫った分だけを返していくでしょう。つまり、10~30万円借りたのなら、返済の数万円以外は手元に残るはずです。

その手元に残ったお金が次の返済期限まで手を付けずに残しているかというとそうではないでしょう。やはり何かに使っているのです。

この使った先、用途が問題です。ここを正直に打ち明ける必要があります。

もう言いたくないからと逃げてしまい、適当に借金を返すために借りたという人がいますが、それはその場の一時しのぎにもなりません。借りたお金の用途がはっきりしないと債務整理の手続きは前に進みません。

一般的には生活費というくくりで片付けてしまいそうですが、依頼者が覚えていないとは言いつつも、結構娯楽やブランド品を買ったとか生活を維持するのに特に必要のないものに使っていたりするのです。

依頼者の中にはそういった記憶があっても、自分にとって都合が悪そうだからと隠す人もいます。でも、弁護士・司法書士さんが行う債務整理手続きの中の膨大な資料により、いずれ矛盾点が出てきて話が前に進まなくなります。

都合が悪そうだからといって話したくないのは分かりますが、その都合にも程度があります。1つそれがあったからといって完全にアウトになることも少ないです。程度の問題です。
逆に隠して後から発覚したら、最初から正直に言っておけば大丈夫だった、というケースにもなります。

借金で得たお金を何にどれだけ使ったのか?細かい話になりますが、これを各借金ごとにはっきりさせていかないと、弁護士・司法書士さんの仕事も進みません。進まないということは、あなたの生活の改善も進まないということです。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ