借金が払えないなら専門家に依頼しよう

自己破産することが会社にバレた場合はどうなる?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産の手続きを進めようとする中で、サラリーマンやOLなどお給料をもらっている人は、その給料を差し押さえられることで、自己破産しようとしていること、何らかの金銭トラブルがあることが会社にバレる可能性があります。

あくまで可能性なので過剰に心配する必要はありませんが、万が一このような状況になった場合はどうなるのでしょうか?

まず差押しますよ、という通知は裁判所から会社に届きます。

この通知をもって、会社は給料の一部を法務局に供託しなくてはならなくなったり、債権者に支払いをしなくてはならないことが出てきます。
また、裁判所への書類作成や送付といった作業も出てくるかもしれません。

この場合会社は何も悪くないのですが、経営者側にとっては会社が何かしたような印象を抱かれるのではないか?という心象を持つこともあります。
そのため作業の有無いかんに関わらず、この事自体に非常に腹を立ててしまい、原因となった従業員に対して辞めてくれ、という事実上のクビ宣告をされることもあります。

この先は会社にい続けてもバツが悪くて居づらくなってしまい、結局辞めざるを得ないこともあります。

しかしこのような差押はいきなり天から降って湧いてくるものではありません。

事前に支払督促や訴えなどが起こされます。その通知も依頼者に届くはずです。その時点で弁護士・司法書士といった専門家に借金を減らす手続きを依頼している場合は当然速やかに、また、これから依頼しようとしている場合は早急に依頼か相談に行くべきです。

このようにすぐに弁護士・司法書士に連絡することで、破産手続きが終わるまで差押が始まるのを遅らせたり、はたまた中止させたり、別の手段で先延ばしに納得してもらったりすることができます。

こういった作業は自分で破産手続きをやっている人にはなかなか難しい話です。

会社勤めであり、借金先の事情や数によっては最初から弁護士・司法書士などの法律家に依頼しておくことで、勤め先とのトラブルを予防しやすいはずです。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ