借金が払えないなら専門家に依頼しよう

家族が破産すると自分のクレジットカードが使えなくなる?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

破産の世界では、破産者の家族である、ということはそれほど考慮されません。

考慮されやすいのは「同居」かどうかです。同居ということは生活の資本が共通であり、収入や支出が同じところから発生しているとかんがえられるからです。

そのため、家族が自己破産すると他の家族のクレジットカードが使えなくなることもあります。

家族が自己破産するぐらいの経済状況になるということは、他の家族の収入をもってしてもカバーしきれないことが容易に想像できます。
他の家族が家計に貢献できていれば自己破産まで至らないケースもあるでしょう。もしくは貢献できるのに気軽にその家族だけ自己破産させて借金をチャラにしようとする人もいるかもしれません。

つまり同居というのはそれだけお金に関しては密接な関係にあると考えられるのが普通なのです。

その家族の一人が自己破産した。となると、残りの家族がこれまで一度も延滞せずクレジットの支払いをできていたとしても、状況によってはクレジット利用停止の手続きをとられるかもしれません。

これは可能性なので何とも言えませんが、それだけ同居というのは破産の世界で重要視されているということになります。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ