借金が払えないなら専門家に依頼しよう

自己破産で銀行の口座が凍結される、使えなくなるのか?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産はいろいろマイナスのイメージが出回っているため、特にお金関係では過剰な心配をされている人が多いです。

その中に銀行口座の利用があります。

もろにお金を扱うので持っている口座自体が凍結される、強制的に解約させられる、新たに口座を作れない…といった心配です。

これはどれも違います。

銀行口座に関してはこれまでと変わらずに使えます。新規口座も作れます。

ただし、その銀行からお金を借りていたら別の話です。

銀行口座は口座名義人が銀行にお金を貸しているようなもの、いわゆる債権です。そしてその口座の銀行もあなたにお金を貸している…

となると、お互いの債権がぶつかる、重なる部分はチャラにしてしまいましょう、というのが相殺です。この相殺をされると口座からその分のお金が消えます。もちろん、その分の銀行に対する借金も減ります。

こうなると、電話代や水道代だ電気代といった生活公共料金の引き落とし先にその口座が指定されていた場合、そのために入金したのに相殺されてまた無くなった…という事態になります。
ということは、事実上その銀行口座は使えない、機能しないということになります。

この場合は、全く違う銀行に口座を作りそこを引き落とし先に指定する必要があります。
というわけで、実際にこのようなケースはあるので、新規口座も作れないなんていうことはないということです。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ