借金が払えないなら専門家に依頼しよう

自己破産すると会社にバレてクビになるのか?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産は最近気軽に考えてする人が増えていますが、仮にそうだとしてもそれは本人に限っての話。他人からしてみれば、「えっ!?自己破産したんですか?へぇ~…」となるのが普通です。これが現実です。

ただ昔より自己破産への悪いイメージ自体は確実に薄れてきています。一瞬ビックリされるかもしれませんが、それで対応が激変することは少なくなったでしょう。

しかし、お金や仕事が絡んでくると少し話は別です。

当然お金のやり取りでは相手に慎重に考えられると思います。そして仕事。これもお金が絡んでくるケースがあるので、もし、自己破産している、しようとしていることが会社に知れると、業務内容の変更を暗に薦めてくる企業があると考えられるでしょう。
クビとまではいかなくても、退職を促されるケースもあります。

ただ、自己破産のこと自体は務めている会社に普通知れ渡ることではありません。でも差押があるとそうはいきません。

普通に会社に務めている限り、自分と会社の間に「債権」があるかどうかなんて想像もしないでしょう。でも日常毎月発生しているんですよね、債権が。

それが給料です。

お給料というのは、従業員が会社に対してこれだけ渡しなさい、という要求の権利です。
なので自己破産しようとすると、その給料から貸したお金を回収しようとして、給料の債権を差し押さえてあなたが自由に使えないようにする手はずを取られることがあります。
これをやられると、債務者である会社側に差押の事実が伝わります。ということは、自己破産しようとしている、金銭トラブルがあるといったことが会社にバレるということになります。

この差押は裁判所からの通知なのでインパクトはかなり大きいです。自己破産のことより差押されたという事実が会社側にとって煙たい事実になります。
この差押を原因にクビ、解雇になることも実際にあります。不当解雇なのでは?という問題が残りますが、仮にそれで会社に残ってもご想像どおりまともに仕事ができそうにないでしょう。

このあたりの心配ですが、弁護士・司法書士等の専門家に依頼することで、スムーズに手続きがいくように配慮してやってくれます。
自分で債務整理手続きをやるとこのあたりの対応が間に合わず、思わぬトラブルを招くことがあります。
弁護士や司法書士といった専門家に債務整理手続きを依頼することは、手間暇がかからないだけでなく、こういった事態にも対応してくれる点も重要なポイントです。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ