借金が払えないなら専門家に依頼しよう

破産するには車を返さなくてはならない!?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産手続きのなかで依頼者自身が「えっ!?」と思うことがあります。

それが自動車の返却です。

現金一括払いで購入していればそんなことはありません。問題なのはクレジットなどローン、割賦払いで購入している場合です。

この場合、クレジット会社が車の購入代金を立て替えて支払ってくれていることになります。この支払いが終わるまでは、その車の持ち主はあなたではなく、立て替えているクレジット会社のものですよ、というルールが定められています。

そのため、自己破産の手続きをとりクレジット会社に通知をすると、その車はこっちのものだから返してくれないか、という話になります。

借金をするとそのお金は自分のものになります。なので、そのお金で車を買ったのならこのような問題にはなりません。借りた時の契約内容は別にせよ、一度手元に入ったお金の使途は自由です。

ところが、車を始め何かを買うためにクレジットで購入すると、それら商品を買うためにお金を借りたのではなく、支払いに必要なお金をクレジット会社が代わりに払っていることになります。

つまり、お金を借りた、という形になっていないのです。そのため、自分で買ったのだから自分のものだ!という理屈が成り立たなくなります。

その結果、当然クレジット会社は車なりクレジットで買った商品を返せ、ということを言い出すのは当然のことになります。

ただし、必ず返却するのがベストな選択とは限りません。車なら中古車買取サービスなどで売却できます。その価値がローン残高より明らかに多い場合は売却してしまい、ローン残高を返済してしまったほうがプラスとなることもあります。

問題なのはその車や商品に何らかの処分をしてしまっている場合です。例えば自動車金融の担保にしてしまっている場合があげられます。

このようにまだ完全に自分のものではないモノを、まるで自分のモノのよう扱って処分してしまっていると、ケースによっては免責という、借金の返済義務がなくなる破産の効果が得られなくなることもありえます。

もし借金を減らす、破産をすることを視野に入れているなら、クレジットで購入してまだ支払いが終わっていないものがないか確認しておきましょう。
どのみち、弁護士・司法書士に手続きを依頼する場合は、この点について詳しい説明が求められます。今から記憶を呼び起こし、きちんとした説明ができるようにしておくべきです。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ