借金が払えないなら専門家に依頼しよう

自己破産するとマイカーが取り上げれる?売る必要がある?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産は無一文で何も残してくれないようなイメージがありますが、その中でも車、自動車は家の次に大事で処分されたくないものではないでしょうか?

通勤は何とかなっても、仕事に必須となると自己破産したものの仕事ができないといったら本末転倒です。

これは車の価値次第です。

極端な話、フェラーリやベンツといった高級車は古くなければ中古車買取でいい値段で売れます。まあそれでも本人が思っているより安く買い叩かれますけどね。
このように現金化がはっきりと望める車の場合は処分の必要性が出てくる可能性があります。

具体的に言うと他の資産額と車の買取処分額の合計が原則99万円以下であれば、持ち続けることが可能です。
でもそれ以上のはっきりとした高額の価値があるようなら、それを売って、債権者に返す資金としなさいと裁判所に支持されます。

逆に価値がない自動車は処分してもほとんど現金化できないので、破産者がそのまま利用したほうがメリットが大きいため、売ってきなさい、とは言われないことになります。

これも具体的に言うと、新車の登録から5年以上経過、ガリバーかどこかの業者の査定価格が20~30万円ほどと安い場合です。このような車の場合、もういいよ、ということになります。

じゃあ安心…という人も多いでしょうが、20万円ほどの価値がある資産を持っているだけで管財事件とする裁判所もあります。これはご当地ルールによります。

管財事件は管財費用として20万円~の費用が別に必要になってきます。つまり、破産するのにさらにお金がいるということになります。
なので車は残ったけどさらに破産費用が高くなったよ~ということもあるのでご注意を。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ