借金が払えないなら専門家に依頼しよう

破産すると年金の権利を失うのか?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

自己破産では、あまり高額なもの、金銭価値があるものは手元に残して起きにくい制度です。それはお金を貸してくれた債権者に返す原資とするべきだからです。

しかし、将来に受け取れるべきであろう年金まで手を付けられることはありません。

破産をしても将来の年金受給権がなくなることはありません。今まで払ってきた毎月の年金掛け金もリセットされず、ちゃんと維持されます。ここは破産がどうとか関係がないところです。

しかし今年金を受給していて、それを担保に借金をしている人はやや事情が特殊になります。

普通自己破産するとそれまでの借金が免責、一般的に言うとチャラ(正確に言うと違いますが)になります。つまり、返せ!と言われなくなり、自発的に返済しなくても問題にならなくなります。まあ一般個人の人からしたら払わなくていい、という感覚ですね。

ところが、年金を担保にした借入はこれに当てはまりません。

つまり、破産してもこの借金は残るのです。

しかも、支給される年金から返済額が毎回天引きされ続けます。破産しても年金を受け取る権利がなくならないのはいいのですが、年金を担保にした借金もなくならないということです。
そのため、自己破産後の生活資金を年金に頼る場合、この返済がのしかかるようだと生活再建が非常に厳しくなります。

年金という一見しっかりした制度を担保にするがゆえに、気軽にこの借入制度を利用する人がいますが、それが後に大きな負担となる可能性もあります。年金担保だから…という甘い考えは禁物。同じ借金なのでしっかり考える必要があります。

ちなみに年金を担保にした借入は、貸主が限定されており、普通一般では年金を担保にすること自体ができません。独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫といった国系のところでしか受け付けていません。そのことも理解しておきましょう。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ