借金が払えないなら専門家に依頼しよう

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すると催促の電話や自宅訪問がなくなる


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

弁護士・司法書士などの法律専門家に債務整理を依頼すると、借金をしている本人に直接の電話や自宅訪問による取り立てがなくなります。

これは、弁護士・司法書士が依頼者から債務整理を任されると、その旨の文章を債権者に送信するからです。

これにより、法律上、債権者は今後依頼者に対して取り立て行為ができず、弁護士・司法書士を通して連絡しないといけなくなります。

多数からお金を借りていたり、取り立てが厳しくなっている場合は、日常生活にも影響が出たり、精神的に不安な日々が続くため、仕事もままならず生活再建がうまくいきません。

でも弁護士・司法書士等に依頼することで、いったんその取り立てが止まります。

これにより、自分の生活や今後のことについてじっくり考え、生活を立て直すための準備ができるようになります。

自分で自己破産手続きをする場合は、自分で処理する必要があるためなかなか大変です。一社のみの借金であるとか、家族の協力が得られて精神的、時間的な余裕がある場合は弁護士・司法書士等に依頼しなくても可能かと思います。

ただ自己破産をしようとする人はどうにも何をどうしたらいいのか分からず、疲れ果てて弁護士・司法書士に依頼する人も多くいます。

確かに専門家に依頼すると10万円、20万円といった手続き費用がかかります。お金がないのにこの金額は非常に重く辛いところです。
ただ、一刻も早く生活を再建するには、今続いている取り立て、返済期限の襲来というプレッシャーとストレスから解放されないことには、まともな判断もできないことと思います。

いち早く生活を正常な状態に戻することで、仕事にも取り組めます。それは早く債務整理をすればするほど、収入を安定させることにもなります。
となると、どのみち返せないという状況であるなら、早めに弁護士・司法書士に相談し、10万でも20万円でも払ってしまい、早く稼げる状況に戻したほうが得策といえるかもしれません。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ