借金が払えないなら専門家に依頼しよう

債務整理を依頼すると給料や年金が勝手に引き出される?


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

弁護士・司法書士などの専門家に借金を減らす、自己破産などの債務整理を依頼すると、タイミングを間違えると給料や年金などが振り込まれる口座から勝手に引き出されたようなことになるかもしれません。

といっても、これは弁護士・司法書士が悪いのではなくて、お金を貸してくれている銀行がどこなのか?ということが重要です。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すると、受任通知書というものを各債権者に送ってくれます。これにより、取り立てが一時的になくなるのでかなり精神的に助かるのでおすすめです。

そして問題なのは、お金を借りている先に銀行はないか?ということです。

お金を借りている銀行がある場合、そこに自分の名義の口座があることが多いと思います。さらに、その口座に給料や年金、生活保護費などといった定期的に振り込まれる資金があると、先に述べたような問題が起きえます。

銀行口座に私達が預けているお金は、感覚が沸かないでしょうが貸している状態なのです。つまり私達が債権者です。

でもその銀行からお金を借りていると、私達が債務者です。

つまり、銀行も依頼者(私達)もお互いに貸して借りている仲になります。

そして、このお互いに貸している、借りているお金でぶつかる部分は相殺という処理でチャラにしてしまうことができます。

お互いに100万円貸して借りている場合、面と向かって現金100万円を渡しあってもいいですが、そんなことしなくても「もうお互いに何も貸し借りないよね?」としたほうが手間が省けるというものです。

ということは、借金をしている先に銀行があって、その銀行の口座に毎月給料などが入金されるということは、銀行側からしたら、何ともお手軽な債権回収手段となりうるのです。

これを防ぐには、受任通知書を送る前に入金先口座を変更しておくなどして相殺にならないようにしておかないといけません。借金の返済逃れに映るかもしれませんが、給料等は生活費です。これが完全に持っていかれたら債務整理も何もあったものじゃありませんよね。
あとでちゃんとした手続きで債権者と交渉、返済計画を立てたりするので、現状では申し訳ないがこのような手はずを取らせて下さいと思うしかないです。

なので、弁護士・司法書士さんに債務整理を依頼する場合、ちゃんと現状を説明することが必要です。借金している先がどこでどれくらいの数とか妙に過少申告したがる人もいますが、そんなことをしても無駄ですし逆効果です。
しっかりと借りている先、持っている口座を全て申告しておかないと、せっかく入ってきたお金がすっ飛んでいきます。

このように、弁護士・司法書士に債務整理を依頼しても、依頼者がしっかりしていないとメリットが薄れてしまいます。任せた、あとは知らないではなく、タッグを組むつもりで望んで下さい。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ