借金が払えないなら専門家に依頼しよう

電話の催促はなくなったのに、郵便で催促は来るのですが…


匿名・住所不要で相談できます。債務整理の不安はここで解決。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すると、貸金業者から早く返してよ~という電話による取り立て、自宅まで来ての取立行為はなくなるというメリットはお伝えしました。

しかし、それでも郵便で返してよ~という文章が届くことがあります。

「なぜ?」

と思う人もいると思います。

これは、厳密に言うと郵便による方法は法律で禁止されていないからです。だから違法ではないので、電話等による取り立てがなくなっても郵便物でその意思を伝えてくる債権者はいます。

このときに依頼者に守ってほしいのが、勝手に判断しないこと。

書いてある内容によっては、自分で判断して少しでもこの債権者に返しておこう、と思うことがあるかもしれません。でもそれをやってしまうとあとの債務整理手続きがうまくいかなくなるかもしれません。

これは弁護士・司法書士が債権者にお願いすることでやめてもらえることもあるので、こういった郵便がきたら依頼してある弁護士・司法書士に連絡して渡してしまいましょう。

くれぐれも自分で勝手に処理しないこと。弁護士・司法書士に依頼した以上、自分で独自に判断するような場面はありませんので。


やるべきことが分かり気が楽になります。



関連ページ